diskpartのコマンドは3文字に省略できる。

sdp2.png


コマンド内容完全コマンド名省略名
ディスクの一覧list disklis dis
ボリュームの一覧list volumelis vol
ディスクの選択select disk Xsel dis x
ボリュームの選択select volume xsel vol x
パーティション情報をクリーンにするcleancle
パーティションを作成するcreate partition primary size=XXcle par pri size=XX
異形式のディスクをインポートするimportimp
FAT32でクイックフォーマットするformat fs=fat32 quickfor fs=fat32 quick

Windows Serverバックアップ(WS2012R2)

・Windows Server 2012 R2の標準状態だとインストールされてないのでインストールする。


・インストールしたら管理ツールなどから起動できる。


・今回は即時バックアップを行いたいので、単発バックアップを選択
sbk13.png

・ここからは基本的にウィザードに従う。
システム全体のバックアップは不要で、今回は特定のファイルをバックアップする。
バックアップの状態によって表示されるウィザードが異なるが、ちゃんと読めばわかる。
sbk14.png

・バックアップ対象のファイルを選ぶ。
sbk15.png

・実用時はあまりローカルドライブにバックアップするケースは少ないように思う。あるとして外付けドライブ?
sbk16.png

・一般的なUNC名をバックアップ対象に指定できる。必要に応じてアカウント情報を入力するとバックアップが開始する。
sbk17.png

Remote Registryサービスを利用してリモートからリモートデスクトップのオンオフを切り替える

・[接続先PC]サービスコンフィグを開く。


・[接続先PC]Remote Registryサービスを開始する。


・[接続元PC]コマンドプロンプトを開いて以下を実行。
C:\Users\LocalUser>net use \\【リモートPC名】 /user:【リモートPC名】\【ユーザー名】 *
\\【リモートPC名】 のパスワードを入力してください: *******
コマンドは正常に終了しました。

C:\Users\LocalUser>reg add "\\【リモートPC名】\HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control
\Terminal Server" /v fDenyTSConnections /t REG_DWORD /d 1 /f
この操作を正しく終了しました。

たったこれだけ。
法人向けフレッツ光
法人・店舗・個人事業主のネット回線なら、特典付きフレッツ光
GMOクラウド
Amazon
プロフィール

sokura1127

Author:sokura1127
Windowsに関して気付いたことをTIPS形式でまとめます。

■想定読者
 ・Windowsの基本操作ができる方(本ブログでは説明をあえてかなり省いているのでそこら辺を補える方)
 ・記事中にあまりリンクは貼らないので、検索して補ってください。
 ・大規模運用に役立つ記事は基本的に書かない。
 ・中の人も別に詳しいわけではないので、生温かく見守ってくださる方

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム