シャットダウン時に、シャットダウンの理由を聞かれるのを消したい。

・サーバー版だと、シャットダウンボタンを押下した後、デフォルトで下のダイアログが表示されるが、この「追跡ツール」を使わない場合は邪魔でしかない。
(ちなみにこれは、選択した理由やコメントがイベントログに残るので、あとで解析するのに使える。)
bst01.png

・グループポリシーエディターを起動する。
bst02.png

・コンピューターの管理->管理用テンプレート->システム
シャットダウンイベントの追跡ツールを表示するをダブルクリックし、無効に変更する。
bst03.png

Windows標準ツールでもCPUやメモリなどをロギングして解析用データをとれる。

・パフォーマンスモニターというツールを利用する。

タスクマネージャーやリソースモニターは現在の状態を見るのにはいいが、リソースのある程度長い時間の変化を見たい場合や解析用途には向かない。



・パフォーマンスモニターを起動する


起動した直後は、ただCPUやメモリのグラフが表示されるだけなので、タスクマネージャーやリソースモニターと何が違うんだと、結局よくわからず終了してしまった人もいるのではないだろうか。

・データコレクターセット->ユーザー定義->Server Manager Performance Monitorと開いていく。
次に、右ペインの何もない場所で右クリックして、新規作成->データコレクタ。
bpm01.png

・適当に名前をつける。パフォーマンスカウンターデーターコレクターのまま、次へ。


・追加をクリック。と、その前にデフォルトのサンプリング間隔は15秒になっているはずだが、変えたければ好きな値に変える。


・使いたいカウンター、つまりとりたい統計情報を選択する。CPUやメモリの各種指標は当然、ほかにも山ほどあるので必要に応じて調べること。
終わったら、ウィザードを最後まですすめる。


・続いて、右クリックしてプロパティを開く。
bpm02.png

・ここも重要で、必ずカンマ区切り、要はcsvフォーマットで保存させるように変更する。
bpm03.png

・このプロパティで自動生成されるファイル名のルールをいろいろ決められる。何も指定しないと下の画像例のようなファイル名になる。1回だけ取得したいならいいが、定期的に取得するように自動化したいなら日付などの規則を設定しておく。
bpm04.png

・今回は、すでに動いてるServer Manager Performance Monitorデータコレクターセットにデータコレクタを入れるという手抜きをしたので、これを一旦停止する必要がある。
bpm05.png

・停止したのを確認したら、そのまま今度は開始を押し、開始された瞬間からロギングが始まる。
bpm07.png

・しばらくすると、さっき設定したパスに、以下のようにcsv形式のファイルが作成される。あとは煮るなり焼くなり(Excelでグラフ化するなり)、好きにすればいい。
bpm08.png


・最終的に、利用可能なメモリ量の15秒ごとの変化のグラフを作成することができた。

Windows 10 Technical PreviewのIEとDirectXのバージョン

特段あがっておらず、特におもしろいことはない。

IE:11.0.9841.0
DirectX:11

win10test05.png
win10test03.png

イベントログの保存可能な容量上限を変更する

Windowsのイベントのログは結構記録される内容が多いので、数日で古いものから上書きされてしまう。
トラブった時のことを考えて、デフォルトから大きくしておいたほうが無難。

・イベントビューアーを開く


・ログサイズを変更したいログの項目を右クリックし、プロパティ
bel01.png

・最大ログサイズ(KB)を変更する。デフォルト値は20000ちょい(20MBくらい)になってると思うので、102400(100MB)に変更する
bel02.png

調子にのって大きくし過ぎると、ログをひらくのにえらい時間がかかるのでほどほどにしておいたほうがよい。

Windows 10 Technical PreviewのSMB/CIFSのバージョン

3.10にあがっている。
最近のバージョンアップはHyper-V関連の機能追加が多いから、3.10もサーバーバージョンのためだろうか。
なお、Windows 8.1は3.02。
win10test04.png

Windows 10 Technical Previewの内部バージョン

内部バージョンは6.4の模様。


ちなみにWindows Server 2012 R2やWindows 8.1は6.3

WS2012R2のログインパスワードルールを緩くする

Window Serverだとデフォルトのパスワードポリシーが厳しく、本番環境ならいいのだが、検証中は正直めんどくさい。
このポリシーはグループポリシーで、緩くすることができる。

・グループポリシーエディタを実行


・コンピュータの構成->Windowsの設定->セキュリティ設定->アカウントポリシー->パスワードのポリシー
複雑さを満たす必要があるパスワードをダブルクリック


無効を選択してOKをクリック。


あとはいつも通り、コントロールパネルからアカウントの設定でパスワードを変更すればよい。
変更前は半角数字・半角大文字・半角小文字・記号のなかから3つ以上含めないとパスワードを作成できなかったはずだが、変更後は通常のWindows 8と同レベルのパスワードが作成できるはずだ。

インターネットやUSBなどのムーバブル装置が使えない状況で、大量のダミーファイルを作る。

・テキストエディタで以下のように編集・保存して、拡張子をbatに変えたらコマンドプロンプトから実行するだけ。
バックアップやレプリケーションの動作を事前に試したいときなどに、ダミーファイルとして使えるかも。

バッチファイルと同じディレクトリに1バイトから32KBのファイルが無限に作成されるので注意。
十分な量が作成出来たらCtrl+Cなどで止める。




echo off
cd %~dp0

:LOOP
set randfile=%RANDOM%
fsutil file createnew %~dp0%randfile% %RANDOM%
goto :LOOP

exit

対応しているCPU Sステートの確認方法

実行中のWindowsでS3やS4がサポートされているかを確認するためには、コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行する。
powercfg /a
なんらかの原因でS3やS4がサポートされていない場合は下のような表示になる。


サポートされていない原因はいろいろ考えられるが例えば以下の理由が考えられる。
・グラフィックドライバがインストールされていない。
・デバイスドライバに「?」付きの項目がある。
・BIOSでS3やS4が有効になっていない。
・BIOSでサポートされていない。

以下は、S1 S3 S4などがサポートされている場合の表示例。

法人向けフレッツ光
法人・店舗・個人事業主のネット回線なら、特典付きフレッツ光
GMOクラウド
Amazon
プロフィール

sokura1127

Author:sokura1127
Windowsに関して気付いたことをTIPS形式でまとめます。

■想定読者
 ・Windowsの基本操作ができる方(本ブログでは説明をあえてかなり省いているのでそこら辺を補える方)
 ・記事中にあまりリンクは貼らないので、検索して補ってください。
 ・大規模運用に役立つ記事は基本的に書かない。
 ・中の人も別に詳しいわけではないので、生温かく見守ってくださる方

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム