Micorosoft管理コンソールとかMMCとかスナップインとか、用語が難しい。

例えばディスクの管理のような設定は、プライベートでもまれに使わざるをえなくなることもあると思う。
このディスクの管理も、他のアプリケーションプログラムと同様、.exe形式の実行ファイルだと思いがちだが、ファイル名を指定して実行するときの名前はdiskmgmt.mscだ。
exeじゃない。
では実行ファイルはどこか。それこそがMMC.exeである。
実は実行ファイルと思って実行していたものはMMCスナップインと呼ばれていたものだ。
名前が独特だが、名前が独特なだけで、あえて「設定用モジュール」とか「設定用プラグイン」とかいえばわかりやすいだろうか。



・パフォーマンスモニターはperfmon.mscというMMCのスナップイン。
bmmc01.png

・コンピュータの管理はcompmgmt.mscというMMCのスナップイン。
bmmc02.png

・ディスクの管理はdiskmgmt.mscというMMCのスナップイン。
bmmc03.png

・ファイルサーバーリソースマネージャーはfsrm.mscというMMCのスナップイン。
bmmc06.png


この仕組み、普通に使ってる分には単なるコントロールパネルと同類くらいにしか思わないが、複数PCの管理の時に威力を発揮する。
リモートコンピュータの設定を変更したり、ADと連携して一括管理できる。
関連記事
法人向けフレッツ光
法人・店舗・個人事業主のネット回線なら、特典付きフレッツ光
GMOクラウド
Amazon
プロフィール

sokura1127

Author:sokura1127
Windowsに関して気付いたことをTIPS形式でまとめます。

■想定読者
 ・Windowsの基本操作ができる方(本ブログでは説明をあえてかなり省いているのでそこら辺を補える方)
 ・記事中にあまりリンクは貼らないので、検索して補ってください。
 ・大規模運用に役立つ記事は基本的に書かない。
 ・中の人も別に詳しいわけではないので、生温かく見守ってくださる方

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム