新機能のWindows Volume Replication(WVR)

※Windows Serverの最新版の名称はまだ発表されていないが、ここでは仮にWindows Server 10 Technical Previewとして記載する。

機能名通り、ボリュームのレプリカがブロック単位でできる機能だ。

2つのユースケースがある。
・(現状、GUIが用意されてないので)Powershellコマンドで行う方法
・Hyper-Vと組み合わせて使う方法

ここでは前者について書くが、要件はSOHOやSMBのオンプレミスで頑張っている管理者にとってはやや厳しい。

■前提条件
・要ドメイン参加
・レプリ元、レプリ先それぞれに10Gbps対応NICが搭載されていること。
・サーバー間の平均スループットが8Gbps以上あること。
・フラグメントなしの1472バイトのICMPパケットを5分間以上送った時のRTLが5ms以下であること。
   ix. ping 192.168.11.23 -4 -f -l 1472 -n 300
・レプリ元とレプリ先用として、それぞれ2ディスク以上使用可能であること。
・パーティションテーブルはGPTであること。
・データ用ディスクとログ用ディスクは共に、RAID1かRAID5を構成すること。(記憶域プールのミラーやパリティも可。)
・ログディスクはSSDが望ましい。(必須ではない)

10GbpsのNICがちょっと敷居高い。
注意点としては、レプリ元とレプリ先両方にログ用ボリュームが必要であること。



■手順
1.サーバーマネージャー->役割と機能の追加から、Windows Volume Replicationを、レプリ元、レプリ先にそれぞれ追加。追加後は再起動が必要。
2.Powershellで以下の例のように実行する。


New-SRPartnership -SourceComputerName WIN-58J6N5D2LV5 -SourceRGName test01 -SourceVolumeName d: -SourceLogVolumeName e: -DestinationComputerName WIN-OA766J4NHU9 -DestinationRGName test02 -DestinationVolumeName d: -DestinationLogVolumeName e: -LogSizeInBytes 8gb

関連記事
法人向けフレッツ光
法人・店舗・個人事業主のネット回線なら、特典付きフレッツ光
GMOクラウド
Amazon
プロフィール

sokura1127

Author:sokura1127
Windowsに関して気付いたことをTIPS形式でまとめます。

■想定読者
 ・Windowsの基本操作ができる方(本ブログでは説明をあえてかなり省いているのでそこら辺を補える方)
 ・記事中にあまりリンクは貼らないので、検索して補ってください。
 ・大規模運用に役立つ記事は基本的に書かない。
 ・中の人も別に詳しいわけではないので、生温かく見守ってくださる方

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム